人気ブログランキング |

sakura history


a0271251_12354808.jpg



千鳥ヶ淵のある番町界隈には
各国の大使館が多い

中でも千鳥ヶ淵に面して建つ
英国大使館前は桜の名所にもなっている




a0271251_12365589.jpg




立派な門構え

正面のユニオンジャックが
美しく翻るまで粘るが
この日はほぼ無風

正門の真ん前でウロウロと
怪しいオバさんだったろうな
で、やっと撮れたのが1枚目




a0271251_12384617.jpg



今、大使館の周りには
約50本の桜の木が植えられている




a0271251_00312197.jpg



英国大使館の桜は
イギリス公使のアーネスト・ サトウが
1898年に東京の人々への贈り物として、
またサトウの日本への愛情の印として
桜の木を植えたことに始まるのだそう




a0271251_13403385.jpg



サトウの桜は残念ながら
戦火で枯れてしまったが
戦後、大使館によって
また新しく植え替えられた



a0271251_13233198.jpg



そして・・・
この英国大使館の植樹が
きっかけとなり

昭和30年代に千代田区の職員が
一本一本苗木を手で皇居の土手に植樹
その苗木が育ち、今の千鳥ヶ淵の
見事な景観を作り出したというわけだ




a0271251_13390684.jpg




ソメイヨシノの寿命は
約60年とも言われ
これらの桜もそろそろ寿命を迎える

高度成長期に植えられた桜
昭和ど真ん中の私とは同世代
そう思いつつ眺めると
じーんと込み上げてくる




a0271251_00351824.jpg




今年もとりあえず元気で
この見事な景観を眺められたことに
感謝せずにはいられない




a0271251_01133330.jpg


最後の一枚は
同じく千鳥ヶ淵沿いにある
インド大使館前の桜
この組み合わせがツボ笑



桜の投稿はひとまずこれにて終了

次回は、usaさん企画
「圧倒的桜。平成FINAL」でお会いしましょう!!!



a0271251_17520690.jpg



by roseyrosey | 2019-04-21 00:30 | flower