IL EST TROP TARD 時は過ぎゆく ... L’essentiel est invisible pour les yeux.

mizu no michi


a0271251_00315905.jpg



町の中心部を流れる
利根川の支流である小野川

両側には柳が植えられていて
この時期が緑が一層美しい



a0271251_01214111.jpg



このあたり一帯は
「重要伝統的建造物群保存地区」に
指定されている



a0271251_01131294.jpg




昔、ここから江戸に向けて
米・雑穀・薪炭・酒・醤油などを運び
江戸からは呉服や日用品が運び込まれた

また東北方面へ物資輸送のの中継地としての
役割も大きかったという




a0271251_01253829.jpg



佐原といえば、「伊能忠敬」
伊能忠敬は
寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで
足かけ17年かけて全国を測量し
日本全土の実測地図「伊能図」を制作した

忠敬は、若い頃は商売に励み財を成し
49歳で江戸に渡り暦学を学び
実に55歳でこの大仕事に取り掛かかかる

この門を出た一歩からすべては始まった




a0271251_01403202.jpg



最初の測量は、ここから蝦夷に向けて
息子、弟子2人、下男2人、
測量器具を運ぶ人足3人、それに馬2頭で出発

一定の歩幅(70cm)になるような歩き方を訓練し
複数の人間が同じ場所を歩いた歩数の平均値から
距離を計算していくという方法で
1日の移動距離は平均40キロ
10回に渡る測量での総歩行距離は
なんと4万キロ地球一周分にあたるそうだ


こちらの後ろ姿は、ボランティアで
伊能忠敬の説明をしてくださった方




a0271251_01435413.jpg




今回は、時間切れで伊能忠敬記念館に行けず
次回はぜひ訪れてみたい




a0271251_02034082.jpg



今年は伊能忠敬の没後二百年ということで
私たちが訪れた数日前に
佐原駅前に新しい像が建てられた


ピッカピカの像の下の説明板で記念の自撮り笑



a0271251_02123201.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング参加中です。
ポチいただけるとウレシイです♪



[PR]
by roseyrosey | 2018-06-11 00:00 | machidori snap