< Photo story > Roppongi monochrome ・・・3

a0271251_01092869.jpg






莉絵が出掛けた後、奈津子はしばらくソファで横になっていた

昨日は何故あんなに動揺したんだろう。。。




a0271251_03092354.jpg





昨日の夕方、郵便物を取りに行くと、その中に一枚のオシャレなハガキなを見つけた

どこのDMだろうと良く見たら、それは佳佑からのものだった

そこには9月に結婚したこと、オフィスの近所に引っ越したことが簡単に書かれおり

佳佑の直筆で、「今度、遊びにいらしてください ...」 と、添えられていた


結婚?。。。 奈津子は切れ味の悪いナイフで正面からまっすぐむねを刺されたような鈍い痛みを感じた

佳佑は結婚しないものだと奈津子はずっと思っていた ずいぶん勝手な話だが。。。

それは都合のいい思い込みに過ぎないのだが、奈津子はそうあって欲しかった

今でも自分のことを少しは想ってくれている、そんな自惚れもどこかにあった


佳佑と何かしようというのではなく、自分だけのサンクチュアリのような存在でいて欲しかったのだ

そのサンクチュアリが無くなってしまった。。。そのことが奈津子にはショックであり

パタンと一方的に扉を閉められたような寂しさが襲って来た


三年前、偶然出会った時は昔の友達としての懐かしい気持ちとは別に

佳佑の変わらない優しさに縋りたくなる自分がいた

あの時、待ち合わせの場所に行かなかったのは、その先にあるものが

自分でも不毛だと分かっていたからに他ならない

だからこそ奈津子にとって佳佑は、永遠のサンクチュアリとなったのだ


奈津子は自分の一人の夕食を作ったがほとんど食べず、片付けもしないままベッドに入り

そして眠れないままに朝を迎えた


いつか、笑顔でおめでとうございますって、ちゃんと言おう。。。

そんなことを考えていると、「ママ、ママ。。。」と自分を呼ぶ莉絵の声がした





つづく。。。





・・・・・・・・・・・・・・・・



pureさん、モノクロ祭り、お疲れ様でした!!! 
皆様のステキなモノクロに魅了された5日間、
とっても楽しかったです。ありがとうございました。

「一人じゃないのよ モノクロ祭り」は、大盛況の内に終わってしまいましたが
あと少しだけ、この物語にお付き合いいただけたら嬉しいです( ^_^)/~~~




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング参加中です。
ポチいただけるとウレシイです♪



[PR]
トラックバックURL : http://roseyrosey.exblog.jp/tb/23847950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by roseyrosey | 2017-04-29 06:00 | photo srory | Trackback