Camellia


a0271251_21350889.jpg








a0271251_21445964.jpg








a0271251_21415712.jpg







a0271251_21465322.jpg









a0271251_21491859.jpg








ー築地本願寺ー



以前、仕事で築地まで通っていたことがあり

ここ本願寺さんに毎朝お参りしてから出社するのが常だった

終始緊張を強いられる職場だったので

(仕事場はどこも緊張ありきだけど、特に凄くて
あまりの静けさに人の呼吸の音が聞こえるくらい)


御坊様の読経の声が響き

静かで仄暗くお香の立ち込める空間は

朝の忙しない気持ちや雑念を鎮めるのにとても役立った



毎日、とても張り詰めていたせいか

こんなに立派な椿があったというのに全く覚えていない

駅から脇目もふらずに本堂を目指し

石段を駆け上がっていたのだろう




<続きは重い話になるので、興味ない方はスルーしてくださいね>









ある日の朝、電車が急停車した際に前の人が倒れ込み私の膝に激突

膝の手術を受ける羽目になり築地の仕事を辞めた



術後の経過も良く、喜んでいたのもつかの間、今度は

全身がだるく微熱が続く風邪のような症状が現れ始めた

あまりのだるさと尿の異変に気付き慌てて内科を受診すると

肝機能の数値が異常を示しているとのことで緊急入院になった


翌朝、医師から「このままだと今日の夕方までに間違いなく死にます!」と宣告され

気づかぬ間にとんでもなく恐ろしい「劇症肝炎」という病にかかっていたことを知った



これは手術の後に処方された抗生剤の副作用の可能性が大ということで

原因の特定は難しいらしい

ちなみに症状は、風に似た症状で微熱と全身の倦怠感が続く

尿が茶色くなり、そこで初めて異常を感じ受診、これが俗に言う黄疸という症状

そしてだんだん意識が薄れて行き、昏睡状態になりそのまま息を引き取るとか。

朦朧とする意識の中で、「死ぬ時は苦しみますか?」と先生に聞くと

先生は「眠っている状態で呼吸が停止するので苦しくはないと思います」とのこと

「それならよかったです。」って私。いや、全然良くないし!!!



私の場合はここからすぐにICUへ移動して血液の血漿部分のみを

全交換する治療法が5日間続けられ、拒絶反応もクリアして劇的に回復へと向かった



全身チューブだらけで身動き取れないのに、なぜか専用テレビもあって見放題

ナースさんに聞けば、こういう設備も含めて高いICU料金が設定されているそう

関係ないけど、この時の担当ナースさんは伊藤蘭ちゃんにそっくりで

パキパキ仕事ができるとても美人なナースさんだった

片足を棺桶に突っ込んでるくせに、こんなこと考えてるって

今でこそ、すごい余裕だと思うけれど

死に直面した時は、妙に突き抜けちゃって

案外こんなものなのかもしれない

外で大パニックに陥っている家族をよそに、本人だけは妙に冷静だったし

何の根拠もないくせに、ただ何となく死なない気がしたのは事実




あの日の夕方、もし受診していなければ、翌日には家で倒れてそのまま。。。

おそらく時間的にも学校から帰宅した娘が第一発見者だったと思う(汗

何しろ中学3年の1月、高校受験の真っ最中、第一志望の願書提出の翌日だった



幸いなことに、たまたまその日の外来担当医は築地にあるガン研から

スカウトされて来た肝臓の専門医で、その先生の素早い判断と適切な治療のおかげで

私はこうして生き延びることができたのだった

先生の話では、これほど見事な回復ぶりは今まで経験したことがなく奇跡の症例だったそう

入院期間12日という最短記録を樹立しめでたく退院、無事受験当日にも間に合った


その後は何事もなく、あれは夢だったのかと思うくらいに元気!!!




そんなわけで、話が長くなってしまったが

築地は私にとってなんとも因縁深い土地なのだ

最終的には素晴らしいご利益があったのだと言えるかもしれない

(私は決して信心深い方ではなく、特定宗教の信者でもないけど・・・)


今、こうして振り返ってもよく頑張ったと自分でも思う




と、まあ、そんなことがあって以来、初めてここを訪れたわけで

本願寺さんは変わらず静かに迎えてくれた



これからは、この椿もしっかり記憶に刻まれるだろう


遠い記憶に上書きされて。。。




話が重くなってしまったけれど、こんな経験が私の写真にも影響してるかなと思うのと、
よく知られていない病気だけに、もし何か思いたることがあれば早めの受診が何よりなので
そのためにも、いつか機会があればこの病気について書こうとずっと思っていました。
読んでくださってありがとうございます。気持ちが暗くなってしまったらごめんなさい。
コメントをいただけるようであれば、率直な質問にも出来る限りお答えします。
(スマホの画面、文字数多く見づらくてごめんなさい)



(撮影実習の前に一人で訪れた築地本願寺にて)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング参加中です。
ポチいただけるとウレシイです♪


[PR]
トラックバックURL : http://roseyrosey.exblog.jp/tb/23716855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fumixparis at 2017-03-14 02:35
はじめまして、いつも綺麗なお写真のブログを楽しく拝見しています♡
初めてお聞きする病名でした、大変でしたね…
でもよくなられて本当に良かったです!
(私も何かあった時の為に頭の片隅に入れておこうと思います)
今日も、椿のお花の美しさにプラスして、すごく雰囲気のある
素敵なお写真で心に残りました。
Commented at 2017-03-14 07:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-14 08:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-14 08:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatuotoko0406 at 2017-03-14 09:29
おはようございますー
この歳になれば、病気のひとつやふたつ! よっついつつ!!
結局、姐さんも寿命が有った♪ ということですね。
寿命がなければ、ヘビーな病名じゃなくても交通事故、脚立から落ちて当たりどころが悪かった・・・ とかありますから。
オレの親友なんかは歌舞伎役者だったのですが、体に異常は有ったはずが代役を頼むといろいろ大変らしく(お金を含めて)無理して手遅れになり・・・   家族のことを考えれば、馬鹿なやつです。

肝臓専門の先生がたまたま居た、ってことも寿命のウチ。
まだ天から与えられた生が有る、っちゅうことですね。

by 循環器内科クリニックが浅草に出来て、日曜日に行ってきた病持ち^^;
Commented at 2017-03-14 09:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-14 13:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-14 16:53
こんにちは~
roseyさんも、すごい経験をされたんですね。ご無事でよかった!!
もう今の人生、何があっても怖くないですね。
あの時、運よく救われた命と思えば、どんなに辛くても耐えられるし、
逆に、人よりも努力して、その代わり思いっきり人生を楽しもうとか、
周囲に迷惑をかけなければ、平凡よりは、リスクをとった道を歩み、例え失敗しても悔いなしとか。
上記4行は、癌と、心臓病で、2回も死に損なったけど、まだ生きてる、自分の人生観です。
Commented at 2017-03-14 18:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aitoyuuki32 at 2017-03-14 18:57
たいへんな経験されたのですね

きっかけが他人からのもらい事故
なんともやるせないです

膝と言えば、私も2011年の2月にスキー場でもらい事故
膝下の脚と背骨を骨折し、そのまま地元の病院に入院
その後転院して45日間の入院生活でした


まだまだ筋肉が戻らず、スキー場には復帰していません^^;

それにしても不幸中の幸いというか
専門医さんに見ていただけて良かった
その後の人生はついているかもしれないですよ
Commented at 2017-03-14 20:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-14 21:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-14 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinsnap at 2017-03-14 23:11
こんばんは。
大変なご経験をなさったんですね。
でも、今はお元気でいらっしゃるのが本当に何よりですw

わたしもタイミングが悪ければ...、という経験を1度だけしました。
なぜ、その時そうならなかったのか、ふと思い返すことがあります。
"生かされている。"
以前は意味が分からないと思っていましたが、あの経験以降はそう感じています。
大きくはないんでしょうが、何かしらの役割をいただいていると感じます。
写真が好きでroseyさんと出会えたこと、素敵なお写真を拝見できて感動や刺激をいただき、そこから行動が変わりアウトプットするものにもきっとその影響がでていて、広い意味で誰かに影響を与えているかもしれないこと。
こんなことも役割の一つかと感じています。
生かされていることに感謝ですw
Commented at 2017-03-15 00:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-15 01:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shima_shima1225 at 2017-03-15 07:58
おはようございます。
大変な想いをされたんですね。。
人って生かされているんですね。。あの時のあの判断が正しかったと
思える今日が本当に奇跡だったりするのですね。
いつもぼんやり過ごしている自分がそういう時がやってきたら
ちゃんと決断出来るんだろうかと疑問ですが、
何事も早めに診てもらうことは大事ですね。。
当たりまえであることへの感謝、今一度考えるいい時間をいただきました。
roseyさん、ありがとうございます。^^
Commented at 2017-03-15 12:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 13:42
☆fumixparisさん、ありがとうございます。

いつも見てくださってありがとうございます。
私も素敵な旅のお写真、うっとりしながら拝見させていただきました^^
地雷のような病気で、あっという間に死へと向かってまっしぐらです。
私もそれまで薬の副作用のことなど気にしたこともなかったので
市販薬も処方された薬も必ず、劇症肝炎をチェックするようになりました。
本当に怖いです。こればかりは飲んでみないとわからないですものね。
頭の片隅にでも置いていただけたら記事にした甲斐があります。
椿、そう言っていただけて嬉しいです。すごく立派な木で満開前だったのでお花も綺麗でした。
Commented at 2017-03-15 15:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 15:59
☆鍵コメmさん(at 2017/03/14 07:48)ありがとうございます。

びっくりさせてしまいましたね。人生、いろんなことが起こります。
私もこの病気になって初めて知った病名です。
薬も出されれば素直に飲むので、まさかこんなことになろうとはです。
負の連続が途中から素晴らしい幸運の連続に変わってくれたのが幸いでした。
大切な方とのお話、心が痛みます。早めに受診、一言で言ってもなかなか忙しさで
後回しにしたり、我慢したり。。。それでも行かないとって今は思います。
おかげさまで命を大切にすることを学ばせていただきました。
温かいコメント、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 16:04
☆鍵コメrさん、ありがとうございます。

喉元過ぎれば。。。なんですが、それでもやりたいと思ったことは
できるだけ先延ばしにしないようにはしています。
それでも先延ばしにするってことは、そこまでやりたくないことなのかなって。
いつか築地本願寺さんに行かれたら、椿の木みてくださいねー。
たいそうな事は言えませんが、体調不良の時は早めに受診が何よりです。
ってことだけは、お伝えできたらいいなと。
お心のこもった温かなコメントをありがとうございました^^
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 16:22
☆鍵コメuさん、ありがとうございます。

以前に鍵コメさんの記事でここを拝見し、お礼参りに行かないとって
思っていました。今回、こうして行けてよかったです。
周りのことを考えるといろんな問題があるのでここで死ぬわけには
行かないともちろん思うんですが、死そのものへの漠然とした恐怖というものは
薄れたかなと。。。睡魔に襲われてスーッと意識が落ちていく、あのなんとも言えない
心地いい感覚なんです。私の場合はですが。。。
鍵コメさんのそのお気持ちよく分かります。昨日までと全く違う時間が存在するってこと。
当たり前のようにいつもと変わらず明日が来るって、普段は思ってますものね。
この病気もあまり知られてないと思いますが、とにかく早めの受診が第一です。
私は肝臓移植をしなくてもよかったけれど、移植しなければならない人もいるし...
こういう経験をして自分が気付かないうちに感受性に影響を与えてたかもしれません。
このブログのテーマでもある、「時」「命」をこれからも見つめていけたら嬉しいです。
例の件。間もなくです(ー ー;) いろいろご心配いただいてありがとうございます。
とても親身に書いてくださって、本当に嬉しかったです^^
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 16:52
☆オレさん、ありがとうございます。

まさしく、天から与えられた寿命っていうものなのかなって。。。
そうですね、病気の他に事故もあるし、打ち所が悪ければ転んでもだし。。。
そう思うと、寿命を全うして生きないとって思いますね。
自分の体のことって働き盛りだと後回しにしてしまい、それで手遅れっていうこと
ありますよね。オレさんのご親友もご家族様を思えばさぞ無念なことだったかと。。。
生きることは辛いこともあるけれど、生きていればこそのこともたくさんあるし
そのためにも自分が今やれることをやるって大事なことだとつくづく思います。
温かいお気持ち、嬉しいです。ありがとうございます。

Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:04
☆鍵コメmさん、(at 2017/03/14 09:43)ありがとうございます。

元気になれたおかげで、こうして写真を撮ったり、ブログを書いたり
鍵コメさん始め、たくさんの方とつながることができたわけで。。。
今の自分が存在することの意味のようなものを考えさせられます。
鍵コメさんも怖い思いをされたんですね。そういう時も痛みは覚えていないもの
って不思議です。私の場合は意識が薄れていく時にすごく心地いい眠りに入る感覚でした。
いつも当たり前のように呼吸をして生きてるけれど、当たり前じゃないこと、
本当にあるんですよね。これは病気に限らず事故でも災害でも同じですが。。。
そういう経験が何か自分の中で強く根付いているのかなと思います。
今を大事に生きるって、毎日じゃなくても思い出したいですよね。
築地、美味しいものもたくさんあるので、ぜひお出かけしてみてください^^
お心のこもったメッセージ、ありがとうございました!嬉しかったです^^
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:10
☆鍵コメGさん、ありがとうございます。

コメントしにくい記事に温かいお言葉をお寄せくださってとっても嬉しかったです!
なんて言っていいのかわからないだろうなって最初はコメ欄閉じてたんですが
思い切って開けてみました。開けてみてよかったです^^
おかげさまでこうして元気に暮らしているわけですが、たくさんの人に助けられて
生き延びることができたという思いは忘れずにいたいなって思います。
もちろん一番心配をかけた家族にも。。。今でも何かあると話題になりますが(汗
今できることを楽しみながら、このブログも続けていくつもりです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました!

Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:19
☆旅プラスさん、ありがとうございます。

日本各地だけでなく世界を歩き回っている旅プラスさんが
大病を患っておられたとは、想像もできませんでした。
でも、だからこそ、今、行きたいこと、やりたいことを精力的に
されているのかなとも受け止めました。
普通に動けるありがたさ、そして人には寿命があるということ、
普段はあまり考えないことを大病をするとやはり考えます。
毎日毎日、考えてるわけではないですが心の片隅に残っていますね。
旅プラスさんが仰ってるように、自分自身には怖いものはないかも。。。
その代わり家族とか、身近な人間に置き換えるとパニックになりそうです。
そんな思いをさせちゃったんだなあって。。。
『あの時、運よく救われた命と思えば、どんなに辛くても耐えられるし、
逆に、人よりも努力して、その代わり思いっきり人生を楽しもうとか、
周囲に迷惑をかけなければ、平凡よりは、リスクをとった道を歩み、例え失敗しても悔いなしとか。』。。。1その通りですね。一番最後だけは小心者なので私には難しいですが笑
人生の先輩からのお言葉、胸に刻みました。私もそんな風に頑張っていこうと思います。
ご自身の経験からの貴重なメッセージをありがとうございました。感謝感謝です!
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:25
☆鍵コメAさん、ありがとうございます。

そう言っていただけて思い切って書いてよかったです。
こういう話は苦手な方もいらっしゃるのでどうかなあと
これまでは書かずに来たのですが、今回築地本願寺に行ったことで
病気の怖さも含めてお話しようと思いました。
生きていると病気にもなるし、いろんなことがありますが
自分のできることをできる限りしていきたいって思いますね。
命を大切に。。。そのことを肝に銘じて写真やいろんなことに頑張りたいです^^
鍵コメさんも、1日も早く回復されますようにお祈りしています。
お心のこもったお話、ありがとうございました。お互いに頑張りましょう!
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:33
☆aitoyuukiさん、ありがとうございます。

滅多にない貴重な体験を致しました^^
最初は電車の急停車から始まったので、まさかこんなことになろうとは
夢にも思ってなくて、今でも怪我の後遺症で、左足が短くて全身にいろんな
歪みができてます。それまで腰痛とか無縁でしたが腰痛もひどいし。。。
スキー場でのもらい事故も怖いですね。お怪我だけという言い方も変ですが
脊髄損傷で一生歩けない方もいると聞くので、今、こうしてお元気でいらっしゃって
本当に何よりです。でも筋肉が戻らないっていうとかなり大変な怪我だったんですね。
こうして皆さんのお話を伺うと、皆さん色々経験をされていて、人生何が起きても
不思議ではないと改めて思いました。
その後の人生、この時の幸運を無駄にしないように生きていかないとですね^^
温かいコメントをいただきありがとうございました。頑張ります!
Commented by club_yume_ututu at 2017-03-15 17:37
roseyrosey さま、こんにちは。

とても深くて大切な お話をありがとうございました。
お元気でいらっしゃるのが何よりです。

私も50を過ぎ、毎年の健康診断では必ず再検査をもらいますが、
生かされている日々を 大切に送りたいと考えます。
与えられた使命、そして定命。 あらためて教えていただいた記事に感謝いたします。
ありがとうございます。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 17:44
☆鍵コメsさん、ありがとうございました。

ドキドキさせてしまいごめんなさい。
そうなんです、いろんな偶然が悪いこともいいことも重なって
怒涛のように押し寄せた数ヶ月でした。で、後で調べたら大殺界だったんですねー。
そういうことってあるのかなあ。。。って思いました。
おまけに私は霊合星なので、すごく悪いこともあるけれど、
反対にすごくいいこともあるっていうのが、まさにこれだと。。。
この時ばかりは占いって言っても統計学だから、こういうのもあるんだなって思いました。
心の中の確信に近い思い、これは鍵コメさんが仰ってるように最強なのかもしれません。
自分の中にある直感、大事にしたいって改めて思いました。
温かなコメントをありがとうございました。嬉しかったです。


Commented by roseyrosey at 2017-03-15 18:02
☆鍵コメ dさん、ありがとうございました。

いいねじゃないけどって、いいねってすごくわかります。
押してくださってありがとうございます^^
本当に親にも感謝です。元々の臓器がとても丈夫に生まれて
きたのかもしれないですよね。
神様から残りの人生はご褒美として授けていただいたと思って
一生懸命いきたいって改めて思いました。
コメントいただいてとても嬉しかったです。
ブログ、頑張っていらっしゃいますねー^^素敵です!

Commented by roseyrosey at 2017-03-15 18:20
☆鍵コメkさん、ありがとうございます。

鍵コメさんも辛い経験をされたんですね。
10代だけに受けたダメージはいかばかりかと。。。
メンタルな部分も含めてとても大変な治療期間だと聞いています。
お元気になられて本当によかったです。
大病を乗り越えて今があり、命の大切さ、そして生きるパワー、
生かされているという謙虚な気持ち。。。大事にしたいですね。
今のお仕事にそのお気持ちがちゃんと反映されているって素晴らしいと
思います。これからもお互い頑張りましょうね^^
貴重なお話を聞かせていただいて嬉しかったです。どうもありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 18:28
☆jinsnapさん、ありがとうございます。

おかげさまで、今は元気に暮らしています。
これもいろんな人の力を借りて、助けていただいた命だと。。。
jinさんもそういう経験をされたことがおありなんですね。
他の皆さんも言われていますが、「生かされている」まさに
その通りだと私も思いました。きっと生かされているということは
まだやらなければならないことがあるはずだと。。。
そして、志半ばで逝ってしまった人たちの分もちゃんと生きないとって。
それまで漠然とした生死の話が自分の身に起こって、初めて考えたことです。
jinさんの仰ってるように、何かしらの役目を与えられているのでしょうね。
それが自分にとっては写真の表現だったりするのかもしれません。
いろいろ思うこともあり、今一度、自分が生きる意味のようなものを
考えるようになりました。ここでの出会い、繋がりにも感謝です。
お心のこもったメッセージをどうもありがとうございました。とても響きました。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 18:37
☆鍵コメさん(at 2017/03/15 00:28)、ありがとうございます。

病名、なかなか聞かないですよね。私も初めてでしたし。。。
まさか自分がこんな恐ろしい病気になってしまったなんてと
他人事のように、あれよあれよと入院して治療が始まりました。
今思うと、高校受験の真っ最中だったので娘の不安はどれほどだったかと..
何しろ、わんこも飼ったばかりで子犬だったし。。。
私以上に家族の方が大変な思いをしただろうと今でも思います。
鍵コメさんも急病で大変だったんですね。小さなお子様を抱えてでは
さぞ不安も大きく心配されたでしょうね。自分の痛みよりそちらの方が
気になってしまわれたのでは。。。私もそうでしたから。
何かあった時のタラレバ。。。運命を分けますね。
あの時、こうだったら。。。こうしてれば。。。
ラッキーにも助けていただいた命、いろんな偶然が重なって
運命の歯車が良い方向へと動いたんだと思います。
鍵コメさんの仰しゃるように、朝目覚めて起きて動ける有り難さを
当たり前と思わず、健康に気をくばり、老後に備えないとですね。
ご自身の経験も含めて温かいコメントをお寄せくださってありがとうございました。
お互いに生かされている命、大切にしたいですね^^
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 18:45
☆鍵コメ(at 2017/03/15 01:09)さん、ありがとうございます。

お気遣いいただきありがとうございます。はい、最初は閉じてました(汗
なかなかコメントしにくい話かなと思い、閉じていたんですが
思い切って後から開けてしまいました。
今、思い返せば自分よりも家族が一番大変だっただろうと思います。
特に娘は高校受験の最中でしたし、わんこも飼ったばかりで。。。
私は先生を信じて病院のベッドに縛り付けられているだけでしたが
この先、どうなるんだろうという不安は家族の方が押しつぶされそうだったと思います。
おかげさまでその後は元気ですので、生まれ変わったのかもですね。
元気な方からいただいた血漿で前以上に強くなることもあるようです。
かといって、無理のきかない年齢なのは事実、自己管理して健康を維持しないとですね。
こちらこそ、最初に来てくださったのに何度もお手間を取らせて申し訳なかったです。
温かいお言葉をどうもありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 19:12
☆shimaさん、ありがとうございます。

ほんとですね。あの時、あーだったから今日がある。。。
もしかしたら、人生はその小さな奇跡の積み重ねなのかもしれません。
大きな奇跡は自覚あるけれど、小さな奇跡は気付かないままで。。。
だからこそ今日を大事にしないとって。そういう私も決して大事には
生きてないとも思われますが。。(^^;;
それでも心の片隅に、今あるのは自分だけじゃなくてみんなのおかげという
生かされている気持ちがあって、何かの拍子にそれが表に出ているのかも。
馴染みのない病気ですが、この病気も違う病気も早めの受診が一番です。
特に女性は後回しにしがちなので、自分の見極めが大事ですね。
重いお話になってしまいましたが、少しでも心の片隅に残していただければ幸いです。
温かなコメントをお寄せくださりどうもありがとうございました。
嬉しく読ませていただきました。

Commented by roseyrosey at 2017-03-15 19:22
☆鍵コメさん(at 2017/03/15 12:48)ありがとうございます。

もう9年前になるのですが、今、調べてみてもかなり怖い病気でした。
薬だけは飲んでみないとわからないし、防ぎようがないですよね。
薬の説明書にも副作用のことは書かれているけれど、まさかって思うし。
でもこれは誰にでも起こりうることなので、今回書いてみようと思いました。
最初の症状が風邪のようなので、なおのこと発見が遅れることが多いのも
この病気の特徴です。だるい、おかしいくらいだと病院にはなかなかいかないですものね。
お姉さまも大変でしたね。劇症型へ移行しなくて本当に良かったです。
私も4桁越えでした。この数値が下がるまでは気が抜けないし。
肝炎は原因がつかめないことも多いようです。私もおそらく薬だろうということで
いろんなタイプについて検査したのですが特定できずに終わりました。
ウイルスということもあるし、自己免疫やアレルギーのこともあるし複雑みたいです。
お仕事に復帰されてるということであれば治療がうまくいって早めの回復を
遂げられたのでしょう。本当に良かったです。
日頃は不信心なんですが、当時は朝の日課になっていました。守ってくださったんですね。
お礼にお参り行けて良かったです。温かいお言葉をかけていただきありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 19:28
☆鍵コメさん(at 2017/03/15 15:00)ありがとうございます。

そうかもしれませんね。私もなんとなくですがそう思います。
きっとまだまだあなたにはすることがあるって、神様が言われたのかも。。。
修行が足りないから、まだたくさんこの世で修行しなさいって^^
鍵コメさんも、そういう経験をされたんですね。
こうしてお話を伺っていると、皆さんいろんな経験をされてるようで
他人事ではないんだなと改めて感じました。
病気は手遅れになることがあります。その時の判断、病院の体制、時間、
いろんなものが重なって運命が分かれますね。
奇跡は偶然ではなく必然、力強いお言葉をいただきました。
生かされた命、大事にしていこうと思います。
ご自身のお話も含めて勇気あるお言葉、ありがとうございました。頑張ります!
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 19:32
☆ club_yume_ututuさん、ありがとうございます。

こんな話でも、誰かのお役に立てれば幸いです。
命は当たり前に明日も明後日も続くって思って普段は生きていますが
そうじゃないことを経験して、「生かされている」という気持ちが生まれました。
年齢的にもいろいろ出てくる頃です。検診の結果、私も改良しないとって
日々の食事や運動、見直す時期がきてるようです。
読んでくださってありがとうございました。お気持ちをお寄せくださって
とても嬉しく思います。どうもありがとうございました^^

Commented at 2017-03-15 21:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roseyrosey at 2017-03-15 21:33
☆鍵コメさん (at 2017/03/15 21:17)ありがとうございます。

ありがとうございます。本当に怖い病気でした。。。。
今でもあれは夢だったのではと思うくらいです。
強烈な体験をしたのに、人ってちゃんと記憶が薄れていくんですね。
薬だから防ぎようがないのが、怖いところなんです。
でも、万が一体調が変だなあ。だるいなあって思ったらすぐに受診して欲しくて
こういうことがあるって記事にしてみました。
「生かされている」なかなか普段感じることがない感覚ですが
こういう経験をすると本当にそうだなあって思いました。
少しでも記憶にとどめておいていただければ嬉しいです。
温かいコメントをどうもありがとうございました。とても嬉しかったです^^
Commented by hogecyan at 2017-03-15 22:38
よかった。。
出逢ってくれてありがとう。。。

いろんな偶然に遭遇して今があるんだなあ。。
だから大事にしよう、心と体。おばちゃんパワー。。。。(標語の様だ)

色々あってもこれからもよろしく。^^
Commented by roseyrosey at 2017-03-16 04:04
☆Keitoさん、ありがとうございます。

生きていればこそ。。。でした。そんな毎日の積み重ねが今日という日も
明日も作っていく、そしてその明日は永遠ではないからこそ今日を頑張る!
そんなことを学びました。心も体も大事にしたいですよね。
色々ありそうですよね〜。こちらこそよろしくお願いします。
Commented by maxiah1818 at 2017-03-17 00:03
会社のPCで見て、roseyさん、大丈夫で良かったです!って
後でコメントしようと思っていて
さっきコメント欄から読みました。皆さんもいろいろな思いがあるのですね。
今あることを感謝して
今と自分を大事にして
ちゃんと気にして生きていこうと思いました。
すごく勉強になったと思います。
ありがとう。
Commented by roseyrosey at 2017-03-17 00:41
☆あいさん、ありがとうございます。

おかげさまで今はすっかり大丈夫です。
こうして記事にしてみると、皆さんからも
温かいお言葉や経験談を伺って、いろんなことがあるんだなと
私も改めて思いました。私も今の自分と今日を大切にして
明日を迎えられるようにしっかり今日を生きていきたいなって思います。
健康あっての今、ですね^^ どうもありがとうございました!
Commented by suzu-clair at 2017-03-18 22:45
roseyさん、こんにちは。
遅ればせながらのコメントですが、
本当に、お元気になられて、よかったですね・・・。

生きていると、突然思いもよらないことが起こることがありますね。
まさか自分が、
と思うようなこと、
そこで知る、生きていることのありがたさや、当たり前の日常の大切さ。
roseyさんの貴重なお話を拝読して、
私もそんな、日々のありがたみを改めて感じさせていただきました。

椿、美しいですね。
こんなに立派な椿の木があるのですね。
大変なご経験を乗り越えて今がある、
今のroseyさんがご覧になられた椿のお写真を、
こうして私も拝見できてうれしいです。

ご訪問がままならず、
記事をまとめ読みさせていただき、
しつこいほどいいねをつけてしまってすみません(汗)。
じつは、
今頃になってume fesも知りまして、
私の梅の写真、今年のは載せきったのですが、
過去の記事をタグ付けさせていただいていいですか?
(なんでも遅れてばかりですみません。
 こんなずれてる私ですが、これからもよろしくお願いいたします)

心に響く記事、お写真、本当にありがとうございます☆
Commented by roseyrosey at 2017-03-18 23:10
☆ suzu-clairさん、ありがとうございます。

おかげさまで、今はもう夢だったように元気です^^
温かいコメントをどうもありがとうございました。
こうして毎日元気で暮らせることに、改めて感謝です。
私も皆さんのコメントを読ませていただきお返事を書きながら
そのことを噛みしめています。
たくさんの温かいイイネもありがとうございます。
Ume f e s、ぜひぜひたくさんタグ付けしてください。
皆さんと一緒に梅を楽しめてこれほど嬉しいことはありません^^
これからもよろしくお願いいたします。


名前
URL
削除用パスワード
by roseyrosey | 2017-03-14 00:04 | flower | Trackback | Comments(48)