IL EST TROP TARD 時は過ぎゆく ... L’essentiel est invisible pour les yeux.

Koi


a0271251_18170084.jpg






『恋 ・こひ』





a0271251_18054051.jpg





ある神社の池にそれはそれは美しい鯉の親子が棲んでおりました。
娘の鯉は人の歳なら十七、八、艶やかな朱色の鱗が自慢でした。

ある日のこと、神社にお参りに来た一人の若者が娘の鯉を見て言いました。
「なんて綺麗な鯉だろう、君が人間ならさぞかし美しいに違いない。」
その言葉を聞いた娘の鯉は、一目でその若者に恋をしてしまいました。
来る日も来る日も、娘の鯉は池のほとりで若者を待ち侘びましたが
若者は二度とやっては来ませんでした。

「ああ、どうしては私は鯉に生まれたのだろう、人間の娘に生まれ変わりたい。」
娘の鯉は、たださめざめと泣いてばかりおりました。






a0271251_00435707.jpg






そんな娘を不憫に思い、両親の鯉は神様にお願いをしました。
「どうか、娘を人間の姿に変えてやってください。
そのためなら、私たちはどうなっても構いません。」

神様は二人の願いを聞いてこう言いました。
「よかろう、そのためにはお前たちの命が消えても良いのだな。」

「はい、私たちの命と引き換えに、この願いをどうかお聞き届けください。」

「よろしい。では今宵、月が昇ったら、お前たちの願いを叶えるとしよう。」






a0271251_18063558.jpg





その夜、満月が西の空に昇った時
娘の体は瞬く間に美しい人間の娘へと変わってゆきした。

水に映った自分の姿を見て、娘は大喜びです。

「お父さん、お母さん、私はこれから人間の娘として生きて行ききます。
これまで育ててくださってありがとうございました。」

そう言い残すと、娘は神社から出て行きました。





a0271251_18071025.jpg







両親はそんな娘の嬉しそうな足音を聞くと、

「これで私たちの役目も終わった。」と、言って

静かに池の奥へと泳いで行きました。






a0271251_19103597.jpg






翌朝、池のほとりには朱色の曼珠沙華が
二輪、寄り添いながら咲いていました。

その後、人の姿になった娘は幸せになったのでしょうか。
それは誰にもわかりません。


おしまい





写真のゼミクラスで谷根千にて実習、課題は4枚の組写真とのことで
根津神社の池の鯉をモチーフに組んでみた
センセイの気になる講評は。。。
これからもレタッチを極めて行って欲しい。。。汗

次回の課題は、『My Best 1』
そんなーーーーーっ!!!

半年前より少しは進歩しているか?全く変わっていないような気もするし
ウーーーーン、ちゃんと基礎からしっかり学ぶべきだったのかな。。。
(ラストの曼珠沙華は、投稿用の追加の一枚)

で、そのレタッチといえば。。。
授業でも使うため、初めてLightroomとPhotoshopをインストール。
いやあ、全くわかりません、少し教わったくらいじゃ、無理無理!!!
でも1年分の課金を支払ったので頑張って覚えないと。
今までアプリ感覚で使ってきた加工ソフトのお手軽さがやっぱり楽チン
どなたか、アドビの家庭教師してくださいませんかー!!!(必死)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング参加中です。
ポチいただけるとウレシイです♪



[PR]
トラックバックURL : http://roseyrosey.exblog.jp/tb/23162913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by peasantry at 2016-08-29 07:12
ぼくは、Lrですが、とても気軽に使っています。
操作も楽ですよ。
Commented by shima_shima1225 at 2016-08-29 07:34
おはようございます。
お写真もとても素敵なのですが、物語がぁ・・・
せつなすぎる・・(;_;)
rosey color、、素敵です。^^
Commented by rinkatu at 2016-08-29 07:50
儚い"こい物語"
勝手に命名 rosey story 引き込まれます(’-’*)
Commented by tatuotoko0406 at 2016-08-29 09:15
おはようございます。
女性のスカートとサンダルの色が鳥居とシンクロしてるのは、姐さんの日頃の行いなのかな(^o^)v
良いっすね。

レタッチかあ・・・
色味の調整に、使うだけだからなあ。

ガンバッチ下さい!
Commented at 2016-08-29 09:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinsnap at 2016-08-29 11:24
おはようございます。
写真の表現の仕方は無限なんだなぁと感じさせていただきました。
それと、いつもながら感性の素晴らしさに感動。
そう思いながら、心にはこのストーリーのコイの娘さん、親御さんのことがずしんと残り、不安と期待が入り混じっている感覚になっています。
染み入りました。
Commented at 2016-08-29 13:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by twinkle-keko at 2016-08-29 14:34
こんにちは。写真教室、頑張っておられますね。
私は相変わらずの「シャッター押すだけ写真」をやらかしてます(^_^;)
パソコンの買い替え、もたもたしていたら信大写真展の準備が近づいてきて大汗!
今日、仕事帰りにまずは次男のWindows ノートパソコンを買いに行きます。
何せ、写真データを保存している外付けHDDのファイルシステムがNTFSだったためMACでは読めない!と言うことに気が付いたので次男用に買うパソコンで写真の印刷をしようと思ってます。
なんて段取りが悪いのだろうかと反省しきりです。
Commented by hiromoga at 2016-08-29 16:44
色濃い(恋、鯉)組み写真とストーリー。
さすがに素晴らしいですネ!
Commented by u-tan1114 at 2016-08-29 19:25
こんばんは
Roseyさんの写真と文章を読んでいると
本当に鯉が人間に見えてきました^^
根津神社にこんな池があったのですね~
前行ったことがあるのですが、じっくり
歩かなかったのて・・
朱塗りの赤い鳥居と女性の真っ赤なサンダルが
とても印象的です。
学校、頑張られていますね、でも課題は難しそうです~
Commented by kanazawakomati at 2016-08-29 21:17
レタッチ楽しいのでしょうね〜
カメラのフィルター以外使わない(使えない)ので羨ましいです(^^)
Commented by maxiah1818 at 2016-08-29 23:14
rosey ワールド、良いです〜
ほんと見入ってしまいます。

レタッチ、いつかはやってみたいなぁ。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:19
☆peasantryさん、ありがとうございます。

使いこなしていらっしゃるんですね。
すごいなあ。
新しいものを覚えるのが億劫になってるんですね。きっと、、、。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:22
☆shimaさん、ありがとうございます。

鯉とこの女性を撮った瞬間にそうだっと閃きました。
人魚姫のお話に似ているんですが、王子様が登場しないので
余計、切ないですね。色、拘ってみたのでそう言っていただけて
とても嬉しいです。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:23
☆rinkatuさん、ありがとうございます。

素敵なタイトル、ありがとうございました^^
鯉が難しくて難儀しました。
でも綺麗で魅力的な被写体ですね。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:25
☆オレさん、ありがとうございます。

この女性に出会えて本当にラッキーでした。
ふふふ、日頃の行い。。。バッチリですって^^
赤いサンダルだからこそでしたね。
レタッチ、ボタンが有りすぎて???です。
頭が固くなってきているので苦労します。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:31
☆鍵コメさん、(at 2016/08/29 09:49)ありがとうございます。

そこまで読み込んでいただけて嬉しいです。
ラストのシーンは暗くなりすぎないようと思っていたので
曼珠沙華になって咲いているという結末にしました。
レタッチ、お化粧っていう意味はとてもわかりやすいですね。
私の場合はお化粧通り越す領域に入ってしまうので
先生もそこは好きに突き進んでくださいっていう感じなのかなと。
お互いに頑張りましょう(^_^)v
Commented by aitoyuuki32 at 2016-08-29 23:37
せつない物語、待ってました
こころにジーンと染み渡りました

写真もぴったりはまっています(^_^)v
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:38
☆ jinsnapさん、ありがとうございます。

そうですね、今は写真の表現は無限大かもしれません。
私の作りこんだ絵が厚化粧になるか否かも
見る人によって変わってくると思うので、色々ですよね。
ちょっと辛口のおとぎ話になりましたが、親と子供の気持ちって
これが正解っていうのはないのかもしれませんね。


Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:42
☆ 鍵コメさん、( at 2016/08/29 13:56)ありがとうございます。

鯉も女性の足も妙に生なましくならないようにと
レタッチしています。絵本のようなイメージに仕上げたかったんですが
どうにかまとめられたかなと思っています。
フォトショ、ライトルーム、触って覚える感覚でしょうね。
あちこちいじっては試しています。
鍵コメさんも頑張っていらっしゃるんですね。機材は本当難しいです。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:46
☆keikoさん、ありがとうございます。

わあ、来てくださって嬉しいです^^
いえいえ、精力的に撮影されているのを拝見していつもすごいなと
尊敬しています。私なんか暑さに負けてしまって根性なしです。
パソコン、HDDとの相性もあるんですね。ずっとマックなのでそこまで
考えていませんでしたが。。。
もう信大の作品プリントの季節。。。一年が早いですね。
段取り、私もモタモタしていてめっちゃ悪いので、これも年齢かしらと
開き直っています。
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:48
☆hiromogaさん、ありがとうございます。

お越しくださってありがとうございました。
褒めていただきとても嬉しいです。
うーんと励みになります^^

Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:51
☆ u-tanさん、ありがとうございます。

わあ、本当に見えてきたなんて嬉しいです。
根津神社、池が二つあって鯉がいるんです。
私は鯉ばかりずーっと撮っていて皆さんに不思議がられました。
ここの鳥居、フォトジェニックですよね。
この女性が現れてくれたおかげで、この物語がスーッと出来上がりました^^
毎回、課題に悩んで苦しんでいますが楽しいです(ー ー;)
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:53
☆ kanazawakomatiさん、ありがとうございます。

レタッチ、使いこなせたら無限に世界が広がりそうですが
そこまで行くのに時間がかかりそうです。
新しいことを覚えるのがだんだん億劫になってきています。
頭の体操いなりますね〜^^
Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:54
☆あいさん、ありがとうございます。

久しぶりにがっつり組んでみました。
レタッチ、操作方法がスムーズに行くようになるまで
道は遠いです。もう覚えられない、、、汗
きっと覚えれば楽しいのでしょうね〜。

Commented by roseyrosey at 2016-08-29 23:57
☆ aitoyuuki32さん、ありがとうございます。

わあ、aitoyuukiさんにそう言っていただけると
とても励みになります。
以前にいただいた私の写真の分析、自分の写真を理解する
道標になりました。感謝しています^^
Commented by okikuiro at 2016-08-30 00:36
roseyさんワールドに心射貫かれてしまいました。
写真も物語も魅力的でぐいぐいひきこまれます。
鳥居を歩く女性の足の写真、ステキすぎます。大好きです。
最後の曼珠沙華にも心が震えました~~。
素敵な物語をありがとうございました。
Commented by roseyrosey at 2016-08-30 01:25
☆okikuiroさん、ありがとうございます。

こちらこそ嬉しい感想を聞かせてくださってありがとうございました。
鯉とこの女性を撮った時に、この人魚姫のような物語が浮かんできました。
最後がハッピーエンドではないので、終わらせ方が美しく終わるように
工夫してみました。嬉しいコメントありがとうございました。
Commented at 2016-08-30 15:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roseyrosey at 2016-08-30 16:27
☆鍵コメさん( at 2016-08-30 15:22)ありがとうございます。

お話、褒めてくださってありがとうございます。
そう言っていただけてとても嬉しいです。
後ほど、ブログの方へお邪魔しますね^^
Commented by spiti at 2016-08-30 20:47
LRのレタッチお疲れ様です。LRは前に使ったことがありますが、使いやすいソフトだと思います。
まずはホワイトバランスから、、。因みにj pegですか?
鯉の表面のシルクスクリーン風の処理凄いです。高度な技ですね。浮世絵みたい。

スレ違いですが、「みつめて」「うばって」 は、なぜか笑っちゃいました。あれはサルヴァドール•ダリっぽいですね。
Commented by roseyrosey at 2016-08-31 00:30
☆ spitiさん、ありがとうございます。

Lr、インターフェイスはなんとなくはわかるんですが
作業の流れが今ひとつわかりにくくて。。。
きっと慣れだと思います。地道にいじって勉強していくしかないですね。
鯉は、そのままだと生々しいので「キャンバス地」のテクスチャーをかけています。
それで幾分、絵のような柔らかさが出たかなと。。。

ふふふ、ダリ。。。私は好きです。あの目が印象的でした^^

Commented at 2016-08-31 20:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umitosora14 at 2016-08-31 22:44
今晩は^^
お話しに惹き込まれてしまいました
roseyさんの写真とお話し、大好きです
roseyさんは、まだまだ新たな挑戦をされてるんですね
今でも凄いのに、その向上心は素晴らしいです!
何も学ばず、行き当たりバッタリなわたしの写真^^;
お恥ずかしいです。。。
どこを目指したいかもよく分からず^^?
ただ、イイ!って思ったものを、思った感じに切り取れる腕は身につけたいなぁ。。。

「うばって」のお写真、いいですね!
Commented by roseyrosey at 2016-09-01 00:44
☆鍵コメさん、( at 2016/08/31 20:22)ありがとうございます。

こちらこそご丁寧にありがとうございました。
限られた時間、たくさんたくさん楽しい時間をお過ごしくださいね^^
東京オリンピック。。。あ、ほんとですね^^
でもそれもいい記念になりそうです。
Commented by roseyrosey at 2016-09-01 00:53
☆umiさん、ありがとうございます。

大好きと言っていただけてとっても嬉しいです。
最近はあまり文章書けてないんですよね。
でもまたお話も頑張ります^^
私は一度も習ったことがないので思い切って習うことにしたんです。
でも実際、それがどう影響してるかはまだわかりません(ー ー;)
umiさんは切り取りもお上手だし、美しいし、私はいつも
とても勉強させていただいてますよー。
自分のイメージ通りに切り取れるように私もなりたいです^^
名前
URL
削除用パスワード
by roseyrosey | 2016-08-29 06:00 | photo srory | Trackback | Comments(36)